生きるを伝える料理研究家

子宮頸ガンを食事などで克服したSachiが、「自然治癒力」を上げるための健康情報を発信していています。世の中にあふれているたくさんの情報。自分の体の声を訊き、「選択する力」をつけていくためのブログです。

保育園の食育ミーティングに参加 「食べる」ということ

惚れてやまない くらき永田保育園

 

園長先生に初めてお会いしたのは

まだ4ケ月前なのですが

 

ご縁って本当に素敵です。

出会ったのです!!

 

感動した保育園に

 

後方右から2番目が鈴木園長先生です

 

f:id:sachi0915:20170404180849j:plain

 

保育園のホームページはこちらです

http://www.kurakids.ed.jp/

 

 

無農薬のお野菜を使っての給食

 

オーガニックレストランで働いていた経験も

あるので、無農薬野菜を使い続けることの

大変さを知っています

メニューにしても

原価が高いことについても。

 

しかし、こちらの保育園では

農家さんに無農薬お野菜を届けてもらい

給食に出しています。

 

そして、子供達が

調理が見えるようになっていたり

お手伝いをする

機会も設けているそうです

 

いただくという事とは

 

生産者が見えたり

時にはお野菜を収穫してみたり

作ってくれる人が見えたり

時には自分も調理をしてみたり

 

そんな一連の流れを経験する事で

 

生命を

いただくと言うこと

意味を自ずと分かり

食す」のでしょう

 

たくさんの遊びの中から学ぶ

 

こちらの保育園の魅力はたくさん

あるのですが

 

遊んだり、実際に経験してもらいながら

学んでいく形をとられているようです

 

様々な分野のスペシャリストをお呼びして

行事をしているそうです

 

食育のミーティングに参加させて頂きました

 

今年度の食育について

私もお呼び頂きました

 

農業コンサルタントであり、醗酵のスペシャリストの方

無農薬野菜を作られている農家さん

Webデザイナーの方

 

干す」ということをテーマに

何ができるか話しあいました。

 

いろんな角度からアイディアは

面白いですね

 

f:id:sachi0915:20170404181234j:plain

 

料理も食べてもらいました

 

干す」がテーマなので

干した切り干し大根を使ったもの

干したハーブ(笑)を使いながら

 

旬の野菜を意識して

 

ベジでない方やガッツリ男性に

おいしい」と言ってもらえて

嬉しですね

 

f:id:sachi0915:20170404181555j:plain

 

夢があります

 

教育機関・福祉機関・医療機関・企業に

食育やメニューの提案をしていきたい

 

こういった機関の給食や食堂に

体に優しくて

体が元気になるご飯がでてきたら

 

病氣だって

仕事のパフォーマンスだって

メンタルだって

よくなっていく

 

料理教室は

健康意識のある方がいらっしゃいます

 

私がもっと伝えていきたいのは

健康意識が今はない方に

どうやって伝えていくかと

言うこと

 

ここの保育園や幼稚園の子達は

他のところに比べて

 

風邪をひく子がいなかった」ら

 

お母さん達も

食の大切さに気づいていく

そしてお家でも取り組んでいって

くれるかも知れない

 

そんないい循環になればいいな

 

思いが少しずつ形になっていく

 

 

f:id:sachi0915:20170210160719j:plain